2019年8月7日水曜日

ムジナ坂の清掃を行いました。

8月4日(日)朝8時からムジナ坂の清掃を行いました。はけ文のメンバーの他に地域住民の方、道路市民の会の方も参加してくださり、全部で10名!過去最高の参加者でした。
梅雨の間に階段にへばりついてしまった泥と落ち葉をはがしながら掃き清めていきました。


坂の上のマンションの前の舗装路もそうじしましたが、不法投棄の空気清浄機と放置自転車もあり、斜面にはペットボトルなどのゴミが投げ込まれていました。やはりここには何らかの不法投棄対策が必要なのかと残念に思います。(写真は撮らず)




 クスノキの樹液にカブトムシがたかっていたり、タマムシや巨大ミミズやカエル、トカゲなどたくさんの生きものがいて楽しかったです。

記念写真。(上と下はちょっとメンバーが違うだけです)


きれいになりました。

この時期、朝8時はもうかなり暑いのですが、ムジナ坂は緑に包まれて暑さも気になりませんでした。
短い時間でしたが、地域の方と都市計画道路についても意見交換ができたりしたのも良かったです。また時間を作ってやりたいと思います。


2019年7月25日木曜日

東京における都市計画道路の在り方に関する基本方針(案)


東京都は未整備の都市計画道路について検証結果を公表し、パブリックコメントの募集を開始しました。


膨大に存在する東京都の都市計画道路を対象としたこの方針案を読み込むのは容易ではありません。対象とされる身近な路線を確認しようとしても、地図には現道の記載がないため、現状がどうなっているのかまったく分かりません。

↓↓↓一例:検証対象を示した地図(小金井市)
http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/kiban/tokyo/pdf/draft_60.pdf


今回、はけ文では独自に、検討対象となった路線を示す地図を作成しました。小金井市域のみなので全体のほんの一部になりますが、近隣の方はぜひご覧になってください。
国分寺崖線を分断する2本の都市計画道路(小金井3・4・1号線及び小金井3・4・11号線外)は、優先整備路線に選ばれているため、対象になっていません。





〈都による「計画の見直し」の実態〉

国土交通省は各地方自治体に対し、未整備の都市計画道路の見直しを指示しています。それを受けて東京都は、「社会経済情勢の変化や道路に対する都民ニーズを踏まえ、都市計画道路の不断の見直しを行っていきます」と、第5章「今後の進め方」で力強く宣言していますが、その実態が問題です。

今回東京都が「検証した」とする4つの項目は、地域性を考慮せず、道路の機能性に機械的に照らし合わせただけのものです。その結果、ほとんどの路線が「計画の見直し対象にならない」という結論とされています。地域住民の目から見れば代替となる道路が存在していたとしても、まったく考慮されていません。

〈優先整備路線は対象外〉

未着手でもすでに優先整備に選ばれている路線は対象外とされ、その根拠は示されていません。都立武蔵野公園を分断する「小金井3411号線(外)」は「都市計画公園等との重複」の項目に当てはまりますが、第4次事業化計画に選定されているため、見直しの対象になりません。

方針案の検討体制の説明も極めて不十分です。パブリックコメントの周知にも熱心とは到底言えません。ほとんどの市民が知らないところで、知らないうちに「検証した」「住民の意見を聞いた」という既成事実が積み上げられ、実行に移されるのです。





〈パブコメを送ろう!〉

今後について都は、「皆様からの御意見を踏まえ、『東京における都市計画道路の在り方に関する基本方針』を、本年中を目途に策定していきます」としています。

これまで都が真摯に「皆様からの御意見をふまえ」たのかはなはだ疑問であり、残念ながらこれまでの実績から今回も形ばかりの意見募集となる恐れが濃厚です。

しかし、市民の意見が公的な記録に残る大切な機会です。少しでも「おかしい」と思う方は、ぜひ意見を書いて都へ送ってください。

「パブコメが周知されていない」「地図が不親切すぎる」「当該住民に知らせるべき」「検証の仕方が機械的過ぎる」など、簡単な表現で十分です。
_

基本方針(案)に対する御意見・御提案の提出方法
 基本方針(案)に関する御意見・御提案を募集いたします。主な御意見について、ホームページなどで公表することがあります。様式は自由です。可能な限り、お住まいについてお知らせください。

<募集期間> 
令和元年812日(月)まで
<提  出  先>
1.      窓口・郵送 〒163-8001 東京都庁 東京都都市整備局都市基盤部街路計画課
2.      FAX   03-5388-1354
3.      メール   S0000179@section.metro.tokyo.jp



〈あなたのそばにもきっとある〉

東京都にお住まいの方は、ぜひご自宅のある地域の地図をチェックしてみてください。この地図だけでは分からないので、都市整備局の都市計画図も合わせてご確認ください。

↓↓↓各検証項目の検証結果の位置及び一覧表


↓↓↓東京都都市整備局 都市計画情報 ポータルサイト

※サービス利用条件に同意すると、詳細な都市計画図を閲覧することが出来ます。

「え!ここも計画線が引かれているの?」と驚くほどに縦横無尽に都市計画線が張り巡らされ、そのほとんどすべてが時期はともかく実行にうつされようとしています。そしてほとんどの人がその事実を知りません。


将来は交通量の減少が予測されるばかりではなく、人口減少により既存のインフラの維持・管理すらもむずかしくなることが懸念されます。新規の道路をあくまでも「必要」と位置づける東京都の姿勢こそ見直すべきではないでしょうか。市民が感じる普通の感覚を、パブコメを通じて東京都に伝えましょう。

2019年6月26日水曜日

西岡市長に、東京都へ「都市計画道路3411号線に関する意見交換会の継続開催」の働きかけを求める決議を可決

積極的に動こうとしない西岡市長に対して、市議会から決議が出されました。
小金井をおもしろく会(白井亨)が主提案し、片山かおる(カエル会)、坂井えつ子(つなこが)、田頭祐子(生活者ネット)、水上洋志(共産党)、渡辺大三(情報公開)が賛同して署名提出した決議です。
6月24日本会議で採択されました。西岡市長には、東京都の動きを待つのではなく、市の代表としてリーダーシップを取ってほしいと思います。


_________________________
議員案第37号
西岡市長に、東京都へ「都市計画道路3411号線に関する意見交換会の継続開催」の働きかけを求める決議
東京都は、都市計画道路3・4・11号線に関する意見交換会について、2019年2月8日を最後に今後開催しない意向を示した。この間、市議会は東京都に意見交換会の継続開催及び建設の是非について意見交換できる場の設定を求める意見書を送付してきた。また、市長が東京都に提出した同様の要望書に対し、東京都はオープンハウス型の説明会の一環として、意見交換の機会を設けると回答したところである。
しかし、東京都がここで回答していることは、オープンハウス型の説明会の一環として、意見交換会参加者と意見交換することを意味するものであって、これまでの東京都の方針から特に変化はない。この東京都からの回答に対し、市長は一定の評価をされている見解を表明しているが、成果が乏しかったという認識に立っていないことは非常に残念である。
意見交換会に参加してきた市民が求めてきたとは、対話を軸とした意見交換の場であり、それはオープンハウス型の説明会の一環で行うものではなく、別の場で行うこれまでの意見交換会の継続である。
よって、小金井市議会は、市長に対し、オープンハウス型の説明会の開催とは別に、対話の場として設定したはずの意見交換会の再度の開催及び建設の是非について意見交換できる場の設定を求めるよう東京都への働きかけを要望するものである。
以上、決議する。
小金井市議会


【坂井議員の報告より】
賛成16:共産党(4)公明党(1)みらい(4)こがおも・市民会議・情報公開・改革連合・生活者ネット・カエル会・緑つながる
反対7:自民・信頼(4)公明党(3)
市議会に与野党はありませんが、いわゆる”市長応援派”の議員は賛成。これまで都に送付してきた意見書の範疇を超えない内容ですが、自民・信頼さんは反対。公明党さんは前回から態度が割れています。


2019年6月6日木曜日

田中兄一さんに90歳のお祝いをお届けしました。

先日、はけと野川周辺の緑を守る大先輩、田中兄一さんが90歳のお誕生日を迎えました。今年1月にはけ文企画の自主講座で講師を務めていただいたり、いつも色々とご教示いただいているはけ文としてはお祝いしないわけにはいきません。当日に安田、安永、横須賀でお祝いに行って来ました。
はけの自然を大切にする会の会長、そして中四町会の町会長として長年活動してこられた田中さん。自宅近くの谷口邸の保全活動を長年牽引され、今も谷口邸向かいのキンヒバリの里の保全のために尽力されています。
本当にお元気で頭脳のキレもますます冴える田中さん。小金井のこと、そして日本文化論について興味深いお話を聞かせていただきました。
これからも小金井市の緑を守る活動を我々も一緒にやらせていただきたいですし、市政のこと環境保護のこと、たくさん教えていただきたいと思います。



2019年5月27日月曜日

雑誌『武蔵野樹林』『東京人』に小金井の道路問題が取り上げられました。

角川書店が新しく創刊した季刊誌『武蔵野樹林』。第2号の2019春号の目玉として「対談・國分功一郎 ×長谷川裕 武蔵野デモクラシー」が掲載されています。


國分さんは哲学者で小平在住、小平の3・2・8号線の住民投票に深く関わられた方、長谷川さんはTBSラジオのプロデューサーで小金井市在住で今はけと小金井の道路問題に強い関心を寄せておられます。お二人は大学の同級生だそうです。
小金井、小平の道路問題を取り上げて、武蔵野の自然と文化、そして民主主義について語り合った対談です。
今を鋭い視点で分析しているお二人からみる小金井と小平。とても心強く読ませていただき「道路っていうものがある種の経済的価値を持っていることは間違いない。でも、そろそろ、それだけじゃなくて、自然環境の経済的価値も考え始めないといけないと思う」という國分さんの言葉に深くうなづきました。

他の特集も武蔵野のことが多角的に書かれていてとても面白いです。ぜひお読みください。


左・長谷川さん、右・國分さん。はけの森カフェにて対談。



そして雑誌『東京人』でも武蔵野特集が組まれています!前号は「反骨の多摩・武蔵野」、そして今発売されている純喫茶特集号では、特集とは別にコラムを長谷川裕さんが書かれていてその中でまた小金井のはけ周辺の環境について、そして道路計画について語られています。



反骨の多摩・武蔵野特集は、中央集権的な体制に抗う多摩・武蔵野人の歴史の一端を知ることができます。必読です!(2019年5月号)


長谷川さんのコラムも小金井愛に溢れています。ぜひお読みください。(純喫茶特集号、2019年6月号)

2019年5月23日木曜日

武蔵野公園の桑の木が剪定されてしまいました。

昨日5月22日、とても悲しいことが起こりました。
武蔵野公園の入り口、小金井新橋のたもとにある大きな大きな桑の木が突然剪定され丸坊主になってしまいました。この場所のシンボルのような木です。それが見るも無残な姿になってしまいました。
ちょうどたくさんの実をつけていて、ようやく色づいてきたところで近隣の人たちは「もうすぐ収穫だな」と楽しみに待っていました。小学校の通学路にもなっているので、学校の行き帰りにちょっと食べたりするのも子ども達の楽しみでした。そして周囲に日差しを避ける場所もないので、とても良い木陰を作っていました。歩いたり走ったりする人もここで日差しを避けて一休み、子どもたちが遊ぶのを待ちながら立ち話するお母さんたちの姿もよく見られる木陰でした。

先月、お父さんと犬の散歩に来て桑の実のなり具合を楽しみに眺めている小学生。


朝、突然伐採が始まったと思ったらお昼にはもう終わっていました。抗議する間もない一瞬の出来事でした。武蔵野公園なのか河川の管理なのか、作業員に確認したら河川の管理をしている東京都北多摩南部建設事務所からの依頼とのこと。北多摩南建に電話で確認したところ、「防犯上暗くて危険だから剪定して欲しい」という依頼が市民からあったとのこと。たった1件の依頼です。それで「数ヶ月前に現場を確認して剪定をしようと決めた、この時期に実がなるとは思っていなかった。確認不足で申し訳なかった」との回答でした。確認した頃はまだ寒かったでしょうから、日差しの強さなんて気にもならなかったことでしょう。度々剪定するのは大変だから強剪定になってしまったとのことでした。切った時期とか切りすぎたとか色々問題はありますが、まずこの姿がみっともないし、桑の木にも直射日光が当たってこの夏はとてもつらいことでしょう。そんなことも考えてくれないのが不思議でなりません。

昨日の昼頃。2時間ほどであっという間にこの状態。

あちこち取材するうちに、実際に剪定を依頼した市民の方から話を聞くことができました。日頃から武蔵野公園の管理に心を配っている市民の方でした。その方が申し入れたのは、クワの木を含む第2調節池の法面(のりめん)の低木です。

*枝が伸び切って子どもの姿が見えなくなっていること
*笹だらけで、繁った枝に蜂の巣ができること
*桑の枝が垂れ下がっていること

などの危険が考えられるため、依頼されたそうです。子どもたちの安全を守りたいという強いお気持ちからでした。
しかし、ここまでの強剪定でなくてよかったと思いますし、剪定だけが安全を守る道ではないと思いますので、東京都はもっと市民との話し合いを事前にしてほしかったと思います。

これまではけ文は武蔵野公園を管理している東京都の西部緑地事務所、管理を委託されている西武武蔵野パートナーズとは何度か面談を重ねて「大きな木の伐採、剪定の時には必ず市民団体と相談してほしい」と要望し、実際に伐採に前に現地を視察して意見を言わせてもらうという活動もしています。今後このようなことが起こらないように北多摩南部建設事務所にも要望をして行こうと思います。

数日前に斜面に落ちた桑の実を拾う小学生たち。
遠くからも大きな姿がよく見えるシンボルツリーだった。
この木陰が重要だった。

収穫間近の実。一体何粒あったんだろう。

防犯上というなら下の方だけ剪定しても良かったのでは?
青々とした美しい緑はもうありません。


今年はもう桑の実を摘むことはできません。ここまで剪定してしまうと来年もどうなるかわかりません。鳥たちもたくさんの食料を失いました。都民、市民の財産だと思っていた桑の木、こんな一瞬で失うことになるとは本当に驚きと怒りと悲しみで呆然とした1日でした。

(写真・Yoshi、Yasu、Yoko)

2019年5月16日木曜日

はけ文 × 西岡市長 面談レポート

計画の見直しを求める声は「様々な意見」なの? 


小金井市都道計画問題をめぐり、はけ文会員と西岡真一郎・東京都小金井市長との面談が、5月8日(水)午前に市第一本庁舎で行なわれた。

「荒れ模様」だった都主催の意見交換会とは打って変わり、お互いの言葉に耳を傾けあう冷静な雰囲気のもとで約1時間、意見が交わされた。しかし明らかになったのは、「都市計画マスタープラン」を盾に、都道計画の見直しに背を向ける西岡市長の姿勢だった。

西岡市長と小金井市都市整備部の田部井課長と片上係長。手前がはけ文メンバー。


■「意見交換会の打ち切りは極めて残念」だけど

おもに話題となったのは、意見交換会の打ち切りとオープンハウス(出入り自由な会場での住民説明会)へ移行することを宣言した都に対する市の姿勢だ。

「意見交換会の打ち切りは市として極めて残念なので、オープンハウスと並行して意見交換会を続けるよう都に求めた。これに対して都建設局長から回答があり、オープンハウスと並行して意見交換会も行なうとのことだ。現在は、それをどのように行なうのかについて都からの連絡を待っているところだ」(西岡市長)

市長は話し合いの継続には一定の理解を示した。しかし・・・。

はけ文会員は「昨年の都の交通量調査も、道路が本当に必要かどうかを判断するために実施しました、というのなら話は分かる。しかし都はあくまで『道路整備ありき』が前提で、意見交換会でも見直しを求める住民とはまったく話がかみ合わない。そこで都と市長という、計画に対して権限がある立場どうしで話し合い、『道路整備ありき』という前提を見直してほしい」と訴えた。

これに対して市長は、「都には『住民の中に多様な意見がある』と伝えている。市としては『都市計画マスタープラン』で今回の都道計画の必要性を認めており、市長である私は『行政の継続性』の観点から、同プランを尊重する立場だ。しかし、都が今回の都道計画を事業化すると決めたとはいえ、進めるにはあくまで地域の理解が必要。そのため市としては、今後も住民理解を求めていく姿勢だ」と応じた。

つまり、市長は「都道計画を見直す必要性は感じていない」と言っているのだ。しかも、事業化決定前の2016年春のパブコメやその後の意見交換会で噴出した、計画見直しや反対の声を「多様な意見」のひとことで片づけている。

■そもそも都道計画は必要なの? 都市マスと異なる民意

市は12年3月に都市計画マスタープランを改定し、その中で今回の都道計画について「進めるよう都に要望する」との方針を示している。同プランは市民も参加してまとめており当然尊重すべきだ、というのが西岡市長の姿勢だ。

ところが知ってのとおり、パブコメでは見直し・反対意見が圧倒し、また意見交換会でも同様の結果となった。すなわち今回の都道計画をめぐっては、同プランと実際の民意とのあいだに大きな食い違いがあるのだ。ここで「都道計画を進めるのが望ましい」とする同プランの結論は本当に正しかったのか、との疑問がうかぶ。そもそも「都市計画マスタープランなんて知らない」という人も多いのではないか。

ちなみに都市計画マスタープランは3年後の22年3月に新たな改定をひかえている。一度決めた結論は絶対に変えられない、というものではないのだ。しかも、都道計画をめぐり見直し・反対意見が噴出する現状をふまえれば、過去の同プランでの「市民参加」は不十分だったといわざるをえない。

面談が終わってから、はけ文会員のもとに「西岡市長が『この都道計画は必要だと思っている』と話していた」との情報が寄せられた。今、西岡市長がするべきは、都市計画マスタープランを言い訳に思考停止することや、見直しや反対の意見を「多様な意見」で片づけることではないはずだ。市政の場でリーダーシップを発揮できる人間として、「そもそもこの都道計画は本当に必要なのか」という謙虚な視点で行動することこそが求められている。

斉藤円華(はけ文会員、市内在住)

2019年4月29日月曜日

東京都に提出した要望書の回答が来ました。

都市計画道路3・4・11号線に関する「意見交換会」の続行を求めて、意見交換会の参加者有志で東京都に3月28日に要望書を提出しましたが、その回答が期限の4月18日届きました。
今後はオープンハウス型の説明会の中で意見交換会を行っていくという回答で、オープンハウスは議事録も残らないフリーな場なので、これまでの意見交換会とはまったく別のもものとなり、今回の回答はほぼゼロ回答と言えます。
東京都から召集に応募して集められて始まった意見交換会ですが、都が「我々が求めるような意見が得られなかった」として一方的に打ち切りを宣言しました。オープンハウスは市民の意見を聞く場というよりも東京都が説明をしたり、市民の疑問に答えたりする場です。意見交換会の打ち切りは、東京都の言うところの「丁寧にすすめながら次の段階へ」という一歩なのではないかと大変危惧するところです。






*市議の白井とおるさんがブログに報告を載せています。
 https://ameblo.jp/toru-ga-toru/entry-12456345813.html 
*市長も3/11に都庁に要望に行っていて、その後の経過も含めた報告を坂井えつ子市議がブログにアップしています。 
 https://blog.goo.ne.jp/sakaietsuko-koganeishi

2019年3月29日金曜日

「意見交換会の続行を」小金井都道計画めぐり参加者有志、要望書を都に提出

昨日、意見交換会参加者有志10名が要望書の提出に都庁に出向きました。意見交換会参加者で、ジャーナリスト斉藤円華さんから報告いただきました。

------------------------

東京都が小金井市内に計画している都道3・4・11号線をめぐり、都が主催する意見交換会の参加者有志が3月28日、会の継続を求める要望書を小池百合子都知事宛てに提出した。

提出した要望書



意見交換会は都建設局が住民から公募等で参加者を募り、2017年11月から実施。3回目となる今年2月の意見交換会で、都側は意見交換会の打ち切りとオープンハウス(出入り自由なパネル展示形式の住民説明会)への移行を表明していた。

「検討する」と都建設局幹部

要望書は意見交換会に参加した住民50人中35人が賛同。提出は山内れい子都議(東京・生活者ネットワーク、国分寺市・国立市選出)が仲介した。参加者有志代表の安田桂子さん(はけ文代表)が、都庁本庁舎(新宿区)で都建設局の細見明彦・道路建設部計画課長に手渡した。

要望書の中で、意見交換会を打ち切るとする都の姿勢に対して参加者有志は「『都が望んだ形での意見交換会とならなかったため』との理由は、あまりに一方的で到底納得できない」と主張。都道計画の事業化に向けては「誰もが納得できるプロセスを経る必要がある」として、住民との話し合いの継続を都側に求めている。

意見交換会をめぐっては小金井市の西岡真一郎市長が3月11日、継続の検討を小池都知事に要望。また27日には小金井市議会では、意見交換会の継続に向けて市長が迅速に対応するよう求める決議が全会一致で採択されたばかりだ。

要望書を受け取った細見氏は「より多くの住民の意見を聞きたい」として、オープンハウスを実施する意向自体は変えなかった。

その一方で、「都知事からは『丁寧に対応するように』と指示されている。意見交換会の経緯は報告を受けており、市長や市議会からの要望は認識している」とした上で「意見交換会(の継続要望)について考えなければいけない」と述べ、庁内で検討することを明言。何らかの回答を文書で示す旨を約束した。


都建設局・道路建設部計画課長(左)に要望書を手渡す安田桂子さん

地元都議は仲介せず

参加者有志は当初、要望書提出の仲介を小金井市選出の辻野栄作都議(都民ファーストの会)に打診したが、辻野氏はこれに応じなかった。その理由として辻野氏は、「『都道計画に反対している』と市民に誤解される。自分は中立な立場で、私が動いても計画が変わるわけではない」などと安田さんに話したという。

「都議という立場には、住民と都政をつなぐ役割を期待している。要望書を届けるにも、都議の動き方一つで都の対応もまるで変わる。辻野氏にそうした役割を期待できないとすれば、小金井市民にとって存在意義はありません」と安田さん。記者は28日、辻野氏に電話取材を申し入れたが、辻野氏は「文書での質問でなければ答えられない」と話した。

今回、住民の声が市長と市議会を動かし、意見交換会の打ち切りにこだわる都の姿勢をも軟化させた形だ。今後、もし都が「より多くの住民の意見を聞く」にしても、それが「計画決定ありき」を補強するものであってはならない。住民と都が建設的に議論できる場としての意見交換会の継続が必要だ。



斉藤円華(ジャーナリスト。市内在住、はけ文会員)

2019年3月1日金曜日

意見交換会は打ち切り!! 市長の対応を問う

2/28小金井市議会本会議で、都市計画道路問題に関する質疑が行われました。
以下に白井とおる議員と、坂井えつ子議員の質疑で判明したことを記します。

意見交換会の告知が遅れた理由は、嘘だった!!

2/8に行われた都主催の“意見交換会”。開催のお知らせが開催の約2週間前と遅かった理由について、都は意見交換会の場で「開催場所の手続きの都合」と弁明したが、昨年12/18に市に会場確保の要請があり、翌12/19には会場を確保、年明けの1/15に、都から市へ意見交換会実施の連絡があったことが、市の答弁で判明。都の弁明は事実ではないことが明らかになりました。

オープンハウスとはどんなものか?

都は「お互い(都と住民側)にメリットがない」として意見交換会は強制終了し、オープンハウスで住民の意見を聞く、としていますが、オープンハウスとはパネル展示や資料の配布などで、幅広く事業への理解を深めるために開催するもので、可否について意見を聞くためではありません。都によると議事録として残すか不明、意見についてフィードバックや見直し検討するかも不明。事業化を進めるためのものであることは明白です。


市長は、傍観するだけなのか

2/12に意見交換会の報告を受けた市長は、意見交換会は継続の必要性があると考え、部局に文書の作成を指示した。年度内には自ら小池都知事に渡しに行けるよう調整中、しかしまだアポは取れていないということが分かりました。これに対して白井・坂井両議員は、意見交換会の報告を受けて、すぐに電話で都に意見を伝えるべきだったのではないか、と市長の対応を疑問を投げかけました。

白井議員は、「年度内にというが、非常に遅い。都は環境現況調査※の予算を計上し、事業化へ向けて動いている。機を逸すると取り返しのつかないことになります。この2路線が優先整備路線に選定される前に、市長が都に出向いたのが2016年3月22日。時すでに遅しで、3月30日に優先整備路線として公表された経緯がある。本当に継続してほしいならすぐ電話するはず。市長は口だけだ。1日でも早い対応を求めます!」と厳しく指摘しました。



※環境現況調査とは
既存の文献・資料などを収集・整理し、実施想定区域とその周辺の自然的・社会的な環境について、地域特性に関する情報を把握するもの

2019年2月26日火曜日

小金井市議会で都市計画道路のことが質疑されます!!

東京都からは意見交換会を打ち切ってオープンハウスに切り替えると宣言され、市民との対話の場所もなくし、都は何がなんでも道路を作るという態度です。ここまで来てしまって、今、私たちの頼りは小金井市長の判断なのです!
小金井市議会は平成31年の第一回定例会が始まっております。市議会議員からの一般質問で白井亨議員と坂井えつ子議員から都市計画道路についての質問があるそうです。下記の日時と内容です。議会に直接行って傍聴することもできますし、ネットでも傍聴できますので、ぜひ直接市長の声を聞きましょう!
12月には小金井市長選挙もありますので、市長が現時点で都市計画道路をどう考えているのか、確認しておきたいと思います。

【白井亨議員】 2月28日(木)午前10時からの予定
<質問の2番目>
都市計画道路3・4・11号線について、市長は傍観するだけなのか。
・2月8日の意見交換会の様子を聴いて、市長は何を想う。
・就任以来、市長はこれまで都道の問題に対して何をしてきたのか。
・傍観せずに、都に「対話」を直接働きかけるのが市長の責務ではないのか。
質問意図
今年度の都市計画道路3・4・11号線の意見交換会が2月8日に開催されたが、都は今後意見交換会を開催せず、
環境状況調査に入るという。市は傍観していて良いのか。

【坂井えつ子議員】2月28日(木)午後14時からの予定
<質問の3番目>
都市計画道路3・4・11号線、市長の意思を問う



こちらからネット傍聴できます。

定例会一般質問の日時、発言通告書などはこちらから。



2019年2月17日日曜日

第3回「意見交換会」レポート

「もう意見交換会はやりません」!?
小金井都道問題、3回目の「意見交換会」も不成立に

斉藤円華(市内在住・ジャーナリスト)


東京都が小金井市内に建設を計画している都道3・4・11号線をめぐり、都建設局が主催する住民との「意見交換会」が2月8日(金)夜に市商工会館で開かれた。

おととし2017年11月、昨年1月に続き「3回目」となった今回。都は「(そもそもの計画の必要性について議論を求める)住民との立場は平行線。意見交換会では都が求める結果が得られなかった」として、一方的に同会の打ち切りを宣言した。過去2回に続いて今回も不成立に終わった形だ。都は今後、意見交換会ではなく「オープンハウス」形式の住民説明会を行っていくという。

■住民「この1年、何してたんですか」

「この道路は本当に必要なのか」「計画決定のプロセスが不透明だ」「地域が分断される」「はけと周辺の環境が壊されるのでは」「(計画決定した)都市整備局が出席しなければ話し合いにならない」。これまでの意見交換会、そして昨年3月に2回開かれた住民説明会では、多くの出席者が今回の都道計画に対して疑問の声を上げてきた。

中でも計画決定のプロセスをめぐっては、大きな問題点が指摘されている。計画承認に関する旧建設省内の文書(1962年)で、本来なら建設大臣以下の関係閣僚らの決裁印が必要なのに、「戦時特例」でそれらが押印されていないのだ。敗戦から17年も経った平時に、「戦時」の「特例」にもとづいて決裁されるというのは、常識的に考えれば十分おかしな話だろう。

住民側は当初からこの問題点を指摘。今回も「(正規の手続きに沿った)文書を示せ」と迫ったが、都は「当時の法令に基づき、適切に処理したものと認識している」(配布資料)と、歯に物がはさまったような回答をするのみ。不備のある手続きだとの自覚があるのか、「法にのっとった手続きで、全く問題ない」と言い切ることもしない。煮え切らない都の態度に住民からは「この1年、一体何をしてきたんですか」との声も上がった。

「そもそもこの道路は必要なのか」。3回目の
「意見交換会」も住民から厳しい質問が飛んだ。

 都がこのかん新たに行なったことといえば、昨年11月から12月にかけて実施した交通量調査がある。今回、都は「平成27(2015)年の交通センサスよりも詳しく調べた」と説明。しかし平日12時間で比べると、例えば連雀通りでは7273台(平成27年交通センサス)だった交通量が、今回の調査では同区間の両端の交差点でそれぞれ6665台、7240台となっている。

つまり過去3年で、交通量が目立って増えたとは言えないのだ。他の調査地点を見てもせいぜい横ばいで、見ようによってはむしろ減っている。また休日の交通量に関してはセンサスのデータがないため、過去と比較できない。

一方、細街路(さいがいろ、いわゆる「抜け道」などを含む細い路地)で通過車両のナンバープレートを記録して12時間の交通量を調べる調査では、「抜け道」利用の交通量が休日で67%に達する地点(連雀通りと〈二枚橋の坂の市道〉との交差点)もある、との結果が示された。

しかし、これも過去のデータがなく比較ができない。また、交通規制の方法によって「抜け道」利用がどう変化するのかも不明だ。そもそも、仮に抜け道利用を完全に防いでも3割強の車両通行は残るとも読め、ともあれ、このデータを都道計画実施の裏付けとするのは苦しい。

「道路の必要性を検討するために交通量調査をするのが本当では。『都道を作る』と結果を決めてから調査するのは順序が逆だ」との住民の発言がすべてを物語っている。

ちなみに今回、意見交換会の開催通知が届いたのが3週間前、市報に開催告知が載ったのはたった1週間前。交通量調査結果などの資料送付にいたっては直前ギリギリの2日前という不手際ぶりだ。調査結果をめぐって、都は住民からの質問や追及がよほど嫌だったのだろうか。それにもかかわらず傍聴席は立ち見も出る盛況ぶりで、この問題への住民の関心の高さを改めて印象付ける結果となった。

■都には都合のいい「オープンハウス」

「これまでの意見交換は、(事業を前提にするという)われわれが目的とする形では実施できなかった」「計画の見直しについての意見交換はできない」「優先整備路線なので、計画を棚上げにする議論はするつもりもない」(都建設局・事業化調整専門課長)

都としてはあくまで計画実施を前提に、その方法について住民と意見交換したかったが、それができなかった。小池都知事が言う「丁寧な対応」は計画の実施が前提であって、原点に返って必要性を検証することは含まれない、ということか。

都は「今後、オープンハウス型の説明会を開催する」と説明。一般にオープンハウスでは、出入り自由な会場に説明パネルなどを並べ、配置された職員が来場者に事業計画を個別に説明する形をとる。

その理由について配布資料で「より多くの方々と個別にお話ができ、様々な意見を伺うことができる」とするが、「意見交換」という文言は注意深く避けられている。行なうのはあくまで「説明」であって、意見交換や議論が目的でないのは明らかだ。

「オープンハウスで、都にとって都合の悪い情報は示されるのか」「都合の良い説明しかしないのではないか」との住民の意見に、「事業の必要性について丁寧に説明する」と都担当者。これには筆者も「じゃあ、都合の悪い情報は雑に扱う(または無視する)ってことか」と笑ってしまった。

住民からは、「オープンハウスと並行して意見交換会も続けてほしい」「意見交換の場で、都職員も交えて少人数でテーブルを囲み議論する『グループセッション』も取り入れては」との意見も挙がった。しかし都は「ご意見として伺う」と話すのみ。一方的に話し合いの打ち切りを宣言した都が、これらの意見を今後に反映させる可能性は低いと言わざるを得ない。

会場閉館後、話し合いの継続を求める住民が会場
の外で都担当者らを引き止めた。午後10時頃


■「錦の御旗」を得られず

さて、私は過去3回の「意見交換会」に住民の一人として参加したが、小金井市都道計画をめぐって都は住民合意の取り付けに失敗したことが、今回の「話し合いの打ち切り」ではっきりした。

行政が事業を進める上での「住民参加」の手法の一つとして、まず町会長など地域住民の代表者らを集めて意見交換会を行なう。ここでの合意を(形式的にであれ)取り付けた上で、次に住民説明会へと進む段取りだ。

こうすることで行政は「すでに地域住民代表の理解を得ています」という「錦の御旗」を掲げ、住民に事業の正当性をアピールできる。ところが今回、都は「意見交換会」で、この「錦の御旗」を得られなかったのである。

「地元町会長として申し上げる。市長にも伝えてほしいが、町会としてこの都道計画には賛成するわけにはいきません。地域コミュニティが真っ二つに分断される。また、児童通学路も分断する危険な道路だ。さらに災害時、いっとき避難場所の中学校へ避難するのに、わざわざ(都道計画で)新たにつくられる橋を通る必要がない。

原点に立ち返れば、この計画は違法だ。違法を都がやっていいわけがない。計画はいったん白紙にして、都市計画新法に基づいて改めて住民の意見を聞いたり、地元の意見を聞いたりして計画を作り直すべき。そうしなければ都民は都職員を信頼しなくなり、都政への信頼感もますます悪くなる」(参加者の住民)

ちなみに、意見交換会は自治体によっては一般住民には知らせずに行なうことがある。小金井都道問題でも当初「意見交換会」は傍聴や取材が不許可だった。それを1回目の当日、住民側が都側に強力に実現を申し入れて解禁させた結果、毎回多くの市民らが傍聴し、過去2回は議事録も公開されている。これは相当に珍しいケースではないだろうか。

計画の見直しや反対が圧倒的多数を占めた事業化決定前のパブコメ、そして今回の意見交換会。事業の必要性と正当性をめぐり、住民からこれだけのミソがついた都道計画である。オープンハウスの場でも、訪れた住民らから疑問や批判が噴出することだろう。それに対して都が一体どんな対応をするのかに注目だ