2019年1月5日土曜日

ムジナ坂東側に設置される柵についてのご報告

こちらも昨年の活動報告です。
2018年3月にムジナ坂東側の雑木林の倒木を伐採するため東京都から依頼で、はけ文が立会いをしました。
(その時の様子はこちら。http://hake-bun.blogspot.com/2018/03/blog-post_4.html )
野鳥観察家の鈴木浩克さんと一緒に立会いをしたのですが、その時に「この雑木林は東京都が購入した閉鎖管理地なので、公園としての管理になるまでの間は、不法投棄や侵入を防ぐために柵で囲います」と言われました。東京都の管理する閉鎖管理地は数も多く予算は少ないため、できるだけ人員を割かずに管理するために、高い柵で囲ってしまうのが通常の管理だとのこと。1.8メートルものフェンスで囲ってしまうという話に仰天しました。ここは小金井市の観光名所とも言える「ムジナ坂」に面している雑木林です。なんとかしなければと思いました。
そしてはけ文も参加する小金井市環境市民会議の議題に上げてもらい、小金井市環境市民会議として東京都に要望書を出そうということに決まりました。
11月8日(木)井の頭公園近くにある東京都建設局西部公園緑地事務所に、要望書の提出と面談を申し込み、環境市民会議代表の小山美香さんとはけ文の安田、横須賀の3名で行ってきました。




東京都西部公園緑地事務所、管理課(維持担当)の内山香課長代理、管財担当の青木喜伸氏らが面談に応じてくださいました。
3月にも説明いただいた通り、できるだけ人員を割かずに管理しなければならないこと、ゴミの不法投棄が一番の問題、人が入り込んで問題が起こるのも困るなどの説明がありました。でもムジナ坂が景観的にも文化的にも重要な坂であることも理解してくださり、はけ文が清掃活動をしたりしていることもブログなどを読んで知っていますとのことでした。
不法投棄されやすいのは車で乗り付けて簡単に投げやすい場所なので、坂の上の道路に面した民間の駐車場の裏側は東西に高さ1.8メートルのフェンスをつけさせてほしいとのことでした。でもムジナ坂に面した所は、「景観に配慮して、低い木の杭を立ててロープを渡すような柵で<ここは東京都の管理地なので入らないでくださいね>ということを知らせる程度の柵をつけたいと思いますがいかがですか?」とご提案いただきました。
3月に聞いた時には「高い柵は必須」のようなお話でしたので、ちょっと拍子抜けしましたが、要望書を出したことで、東京都が理解を示してくださり、高い柵は回避できることになりそうです。低いロープ柵も階段から少し遠ざけてつけてほしいとお願いしました。
市民がムジナ坂を大切に思っていることが伝わった結果、東京都側の担当の方々も理解してくださったのだと感じました。今後もムジナ坂やはけの道を大切にして行かなければと改めて思います。


管財担当の青木さんに要望書を手渡す小山さん。







みなさんによいご報告ができてよかったと思います。
小金井市環境市民会議にも動いていただき、感謝です。ありがとうございました。

あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年末の活動報告から。
12月9日(日)ムジナ坂の清掃活動を行いました。
やはり落ち葉の季節ということで、大量の落ち葉が階段を覆っていました。でもふかふかでお掃除もしやすかったです。
ムジナ坂だけでなく、今は使われていない富永邸の正門前もお掃除しました。

今後も定期的に続けたいと思います。

落ち葉がある風景も良いのですが。

ムジナ坂上の道も。

1時間ほどでピカピカに。
富永家の門前も。


最後に記念写真。
参加のみなさん、ありがとうございました!
通りがかる近所の方と挨拶したり、参加者同士おしゃべりしながら楽しいひとときでもあります。
みなさん、お疲れ様でした。

2018年12月24日月曜日

【平成 30 年度 市民がつくる自主講座「地形を知って考える 私たちのまちづくり」】報告

「崖博士に聞く!国分寺崖線の成り立ち」

 講師:芳賀ひらくさん(東京経済大学客員教授/古地図研究家)
11 月 25 日(日)午前 10 時〜 12 時 @小金井市公民館貫井北分館






今年度のはけ文自主講座のテーマは「地形」!
第 1 回は「崖博士に聞く!国分寺崖線の成り立ち」と銘打ち、古地図研究で知られる芳賀ひら くさんに講師をつとめていただきました。当日は、会場の定員 50 名のところ、なんと 70 名 もの方が足を運んでくださり、席が足りなくなり増席するという大盛況ぶりでした。

「ブラタモリ」に代表されるような地形への関心の高まりに加え、地震や豪雨など、自然災害
 が頻発していることもあり、テーマへの関心の高さ、崖博士・芳賀さんの人気ぶりを実感しました。
以下、講座の要旨です。



崖にまつわる考察

〈崖の定義〉
ほとんどの自治体は「30 度を超える傾斜のもの」としている。これは宅地造成等規制法施行令 による定義を準用したもの。高さについては 2m を超えるもの(または 2m 以上)としている自 治体が多いものの、一部の自治体では 3m 以上など、異なる定義がされている。
地形上の分類では、江戸・東京の崖には侵食崖と人工崖がある。国分寺崖線は、侵食崖。


〈崖線という言葉〉
「崖線」という言葉は、新しい言葉である。2009年11月、岩波新明解国語辞典 第七版に初めて 立項された。→(かなり大きな)川が台地を浸食してできた崖が連なって成す線。「国分寺―」
河川が長年にわたって台地を削りとってできた 崖の連なり。「立川―」(集英社国語・3)
2018 年には広辞苑第七版に登場。ただし、説明が間違っている。「線上につらなった崖」とあるが、 線上、ではなく線状、である。
崖が「線状」に連続していれば「崖線」。一般にはそれでもよいかも知れない。しかし地形学的には、 そのような理解では不十分で、誤りですらある。










「国分寺崖線」の命名と定義

Wikipedia の「国分寺崖線」の説明に誤り
がある。「武蔵村山市緑が丘付近に始まり (中略)世田谷区の砧地域、玉川地域南部 を通り、大田区の田園調布を経て同区の嶺 町付近に至る」とあるが、「立川面と武蔵 野面とは国分寺崖線によって分けられてい る」のであれば、地質図で見ると国分寺崖線の東端は、世田谷区成城付近までである。 また、「古多摩川 ( 関東ローム層下に存在 ) の侵食による自然堤防と考えられている」 という記述も論外である。「自然堤防」と は、堆積地形のこと。「崖線」は、侵食地 形である。


(20 万分の 1 地質図「東京」1987 年)



「国分寺崖線」が、若い地質学者によって「発見」され 命名されたのは1952(昭和27)年。福 田理・羽鳥謙三「武蔵野臺地の地形と地質 東京都内の地質 IV」第4節「各論」の第1項「武蔵野 段丘」『自然科学と博物館』第 19 巻に初出する。


「この段丘は北多摩郡砂川村九番から平兵衛新田、府中町飛地、国分寺町、小金井町、東京天 文 台敷地、深大寺、神代村滝坂・入間を経て、世田谷区成城町に至る明瞭な崖線で次に述べる立川段 丘と接している。この崖線を国分寺崖線(Kokubunji cli -line)と呼ぶことにする」
1950 年発表の「武蔵野夫人」には「国分寺崖線」という言葉は出て来ない。「はけは即ち、峡(は け)にほかならず、長作の家よりはむしろ、その道から流れ出る水を遡って斜面深く喰い込んだ、 一つの窪地を指すものらしい」とのみある。


「国分寺崖線」の地形学上の本質は 「段丘崖」である。「段丘」でない急斜 面は「国分寺崖線」ではない。地形学 的に「崖線」という言葉は認証されて いない。段丘、もしくは段丘崖 という。


(地図アプリ「スーパー地形」から)


ガケ=ハケ ではない

「ハケ」とは《崖線そのものをいうのではなくて 崖線に刻み込まれた特殊な形》を言う 田中正大『東京の公園と原地形』2005 参照:『季刊Collegio』No.64, 2017 Spring

(鈴木隆介 2000 年)






急傾斜部 ( ガケ ) の連なりがすべて「国分寺崖線」なのではない。 「崖線」と「開析谷壁」は区別されなければならない。
それは、成因(営力)も異なり、時間(時代)も異なり、形(方向)も異なるからである。


「国分寺崖線」はなぜ、いつできたのか ?

関東平野は侵食地形ではなく堆積地形。武蔵野台地は、 多摩川の扇状地である。その上に富士山の火山灰が降り 積り、関東ローム層が形成された。8 〜 4 万年前に起源 する「国分寺崖線」は 少しずつ削られてできたのでは なく、氷河性海面変動と一般的に言われている、激変(カ タストロフィ)に成因があったのではないか。
氷河性海面変動とは、寒くて海面が下がると侵食作用が 激しくなり、崖ができる。低地が段丘になる。暖かくな ると海面が上がる。10 万年単位で海面が上がったり下 がったりを繰り返してきた。
最近 14 万年間の海面変動のグラフを見ると、6 万 5 千 年前の氷河性海面変動によって、国分寺崖線が形成され たのではないかと私は思っている。しかし、侵食基準面 の変動だけから河岸段丘(河成段丘)の 成因を引き出 すことはできない。海面変動のほかに 気候変化(雨量) や地殻変動 などの要因も考慮しなければならない。地 層を掘って調査しなければ正確なところは分からない。


(貝塚爽平 1983 年)

東京は、自然災害リスクが世界一

ミュンヘンの再保険会社が算出したデータでは、東京・横浜が、自然災害リスクが世界でダントツ 1位。首都圏の地形は、基盤の上に砂と泥が約3000m 日本アルプスより深く積もっている。これ だけ深いとどこに活断層があるかなんで分からない。ここに 3600 万人が生活している。世界的に 例がないほど人口が集中している。
1939 年(昭和 14 年)に、東京緑地計画が策定された。計画区域は東京 50km 圏、962.059ha。 環状緑地帯計画とも言い、日本の都市計画および公園史上初めての大規模かつ具体的なマスタープ ランだったが、郊外の地主などが経済成長が阻害されるとして大反対、計画は頓挫した。
現在の東京は破綻した都市計画の結果、世界一野放図に広がってしまったメガロポリス(巨帯都市) である。「一極集中のメリット」が「デメリット」になり、もはや「デンジャラス」になっている。
そんな中残された国分寺崖線の緑地帯は非常に貴重である。いま、緑地を残すことの重要性は、ま すます高まっている。


(「クロワッサン」特別編集・防災 BOOK 2014 年)



古地図に色を塗ってみよう

この後、参加者に色鉛筆が配られ、昭和 14 年の地図に色を塗る作業をしま した。机が足りず、ほかの部屋から借りて何とか間に合わせました。最初に 開析谷底を流れる川から始め、田んぼ、等高線の順に塗っていきます。最後 に、都市計画道路の線を引きました。実際に自分で色を塗り、線を引くこと で、この道路が地形を無視して引かれた線だということが実感できたのでは ないでしょうか。


1:10000 都市計画図 (1939(昭和 14)年) に着色。 緑色は等高線、黄色は田んぼ、
青色は野川及び水路、赤色の線は都市計画道路







防災ジオラマを展示

調布市の NPO 法人 「防災・災害ボランティアかわせみ」 の代表の方が、防災ジオラマを持参してくださり、急きょ、 隣接する IT ルームで展示しました。帰りにみなさん立ち 寄って興味深そうに見て行きました。




まとめ

参加者は小金井市のほか三鷹、国分寺、小平、調布、府中 など近隣市からの方、川崎市や八王子市、墨田区、杉並区 などからの方もおられ、関心の高さを感じました。アンケートには、「もっと聞きたかった !!」という要望や、「地層も歴史も積み重ねのなかで、自分たちが生活してい ることが分かった」「学校の授業で、もっと太古から学ば せたほうがよいと思った」など、様々な感想が寄せられま した。「また芳賀先生を呼んでほしい」との声もいただい たので、ぜひまた企画出来ればと思います。 ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました !!
        

レポート:安田桂子(はけの自然と文化をまもる会)


2018年12月10日月曜日

武蔵野はらっぱ祭り出店報告

ちょっと時間が経ってしまいましたが、武蔵野はらっぱ祭りの報告です。
11月3、4日の2日間、武蔵野はらっぱ祭りに「はけの自然と文化をまもる会」と「都市計画道路を考える小金井市民の会」と協力して出店し、武蔵野公園を分断する都市計画道路について祭りの来場者に説明、「計画見直しをするべきか否か」のシール投票にも参加していただきました。




チラシ1000枚を全部配りきり、シール投票もたくさんの方にとても積極的に参加していただきました。
子どもたちに手伝ってもらい、駄菓子さんも開店。

管元首相もシール投票してくれました。



そして今回は「はけのポストカード」を販売。道路予定地周辺の素敵な風景の写真を絵葉書にした5枚セットで500円。そのうちの1枚は小池百合子都知事に直接出せる宛名入り!先着50組には62円切手も貼られているという大サービスでした。なんと63組も売れました!「小池さんにぜひお手紙書くわ!」と言って多くの方お声掛けいただきましたので、都知事にたくさんのご意見が届くと思います!




ポストカードはまだ少し残りがありますので、はけ文の講座などに持っていきたいと思います。



当日配布したチラシ。1000部配布しました!
はらっぱを愛する人たちと武蔵野公園の素晴らしさ、はけの大切さを語り合えた2日間となりました。ありがとうございました。




2018年11月20日火曜日

今年も自主講座開催します!

★平成30年度 小金井市公民館 市民がつくる自主講座のご案内★

例年ご好評いただいている、
公民館の自主講座を今年も開催します。

今年度のテーマは「地形」!

地震、水害などの自然災害が頻発しています。
わたしたちが暮らしを営むこの土地は、
どんな来歴のもとに成り立っているのでしょう。
地形や地層を知り、これからの時代に必要な
まちづくりについて、一緒に考えてみませんか?

3回講座ですが単発の参加も大歓迎です。
保育もあります(要申込)。ぜひご参加ください。
*第1回目の保育の受付は11月22日(木)で締め切らせていただきます。
お早めにお申し込みください。
__________________

第1回「崖博士に聞く!国分寺崖線の成り立ち」

11/25(日)
午前10時〜12時

「国分寺崖線=はけ」ではない?! なぜ「国分寺崖線」と命名されたのか?
土地の来歴から考える、来るべき災害への心構えとは?
崖をめぐる深ーい考察に、地域を見る目が変わります。

講師:芳賀ひらくさん(東京経済大学客員教授・古地図研究家)
【プロフィル】
1949年仙台市生まれ。早稲田大学第一法学部中退。元柏書房代表取締役社長。現之潮(コレジオ)代表。地理・地域研究教育の傍ら、古地図や東京地誌の研究を40年以上続けている。「崖博士」の異名を持ち「タモリ倶楽部」にも出演。
著書に「デジタル鳥瞰 江戸の崖 東京の崖」(講談社)、「地図、場所、記憶」(けやき出版)ほか多数。

__________________

第2回「微地形がはぐくむゆたかな台地と湧水」
12/16(日)
午後2時〜4時

細長い日本列島は大陸にくらべて農地が少なく鉱物資源にも乏しく、貧弱。本当にそうでしょうか?実は日本ならではの「微地形」をもとに、マイルドな環境へと人間が改変してきた豊かな土壌と水利があるのです。
暮らしの中の微地形を再発見し、自然災害を見越したこれからのまちづくりについて、農学博士が熱く語ります。

講師:千賀裕太郎さん(農学博士・東京農工大学名誉教授)
【プロフィル】
1948年生まれ。東京大学農学部卒業後、農林省入省。1996年に東京農工大学教授に就任、現在は名誉教授。棚田学会会長。水資源管理や里山保全に造詣が深い。
著書に「よみがえれ、水辺、里山、田園」(岩波ブックレット)、「水の基本」(誠文堂新光社)、「地域資源の保全と創造〜景観をつくるとはどういうことか」(農山漁村文化協会)ほか多数。

__________________

第3回「はけの保全活動と地域防災」
1/26(土)
午後2時〜4時

高度成長期、急激に都市化したはけ(国分寺崖線)周辺の緑地をまもったのは、地域住民による運動によってでした。
田中さんは30年以上にわたりはけの保全活動に取り組み、80歳を過ぎた現在も精力的に活動をつづけています。
はけへの想いとともに、尽力している地域の防災の取り組みについて、お話していただきます。

講師:田中兄一さん(文筆家・はけの自然を大切にする会 会長)
【プロフィル】
1929(昭和4)年生まれ。業界紙の記者を経て企業史などを手がける文筆家として活躍した。大宅壮一氏に師事。会長をつとめる「なかよん町会」で発行している手書きの機関紙「れんらく」は、通算430号を超える。「はけの森」「キンヒバリの里」を一体緑地として保全するため、ナショナル・トラスト運動を展開中。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
〈平成30年度 小金井市公民館 市民がつくる自主講座〉
主催:小金井市公民館
企画:はけの自然と文化をまもる会
会場:小金井市公民館貫井北分館 学習室AB
住所:小金井市貫井北町1-11−12
アクセス:JR中央線武蔵小金井駅北口下車徒歩約12分
http://www.ntk-koganei.org/access/index.php

参加費:100円(資料代)

保育あり。2歳以上。要申込(有料:300円)
メールにて下記お知らせください。hakebun@gmail.com
①参加希望日②保護者氏名と連絡先③お子さんのお名前と月齢
保育受付締め切り 第2回 12月11日、第3回1月20日
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^







2018年10月29日月曜日

武蔵野はらっぱ祭りに出店します!

【はけのポストカードつくりました】
道路予定地周辺の美しい風景を集めて、ポストカードをつくりました。
11/3(土)、4(日)に武蔵野公園くじら山はらっぱで行われる、武蔵野はらっぱ祭り出店ブースにて販売します。(出店名:どーなってるの?!都道と公園整備)
ぜひお立ち寄りください。
一葉は62円切手付き。ぜひ東京都へ出してこの地を愛する私たち市民の気持ちを伝えてください。
ほかのポストカードには宛名面に、控えめに都市計画道路の説明を入れました。お友だちへ送り、道路の問題を伝えていただけたらと思います。
撮影場所のマップも別紙で付けています。
5枚セットで500円です。
売り上げの一部は、はけの自然と文化をまもる活動に使わせていただきます。
写真提供:宇野正樹さん、前田眞一さん、安永千秋さん
ありがとうございました!!




2018年9月6日木曜日

武蔵野公園新設トイレ 3回目の住民説明会開催

都は武蔵野公園はらっぱ付近にトイレを設置するとして、これまで2回、住民説明会を開いてきました。1回目(2017年3月)の説明会で示された、くじら山はらっぱ西側・休憩所付トイレの設計案には、近隣住民や公園利用者から、必要性についての疑問や環境や景観への影響、セキュリティの懸念など異論が噴出。都は持ちかえり、再検討を行いました。2017年7月に2回目の住民説明会が開かれ、設置場所を運転免許試験場の北側へと移し、規模を縮小した再検討案が示されました。
今回は3回目の住民説明会となります。設置場所と設計案が具体的に示されると思われます。
これまでの経緯を知らない住民も多いことから、具体的かつていねいな説明が求められます。自然環境や景観、セキュリティなどへ様々な懸念の声がある中で、どのように合意を形成していくのか。難しい問題ですが、充分な説明と議論を尽くすことで、住民の納得感を高めることが大切ではないでしょうか。
以下、都建設局西部公園緑地事務所のホームページからの引用です
__________________________
「都立武蔵野公園におけるトイレの設置に係る説明会」の開催について
日頃より、東京都の公園・緑地行政にご理解とご協力をいただき、誠にありがとうございます。
東京都西部公園緑地事務所では、都立武蔵野公園の南西角地(府中運転免許試験場北側付近)にトイレの設置を計画しています。平成29年3月および7月に開催しました説明会でのご意見を踏まえ、検討した計画案について下記のとおり説明会を開催させていただきます。

日時 : 平成30年10月7日(日)
午後6時45分~7時45分
場所 : 小金井市立南小学校 体育館
(小金井市前原町2丁目2番1号)
その他
•上履きを持参してください
•車でのご来場はご遠慮ください
•当日は、託児保育サービス(生後6か月~未就学時までのお子様の一時預かり)を予定しています。事前申込制とさせていただきますため、ご希望の方は、10月5日(金)午後5時までに下記問い合わせ先へご連絡をお願いいたします。なお、お申込み人数が上限に達した場合、お断りをすることがございますのでご了承ください。
お問い合わせ
東京都西部公園緑地事務所 工事課 設計担当
 (担当者:根岸、江畑)
電話 0422-47-0114