2020年5月26日火曜日

コロナ危機の中、不要不急の道路計画は直ちに中止を !!

市民団体が連名で都へ都市計画道路事業の中止を要請


都知事秘書課の担当者(左)に要請書を渡す

5/19(火)、都内 41 団体が連名で都知事および都議会議長宛に、都市計画道路 事業の凍結・中止を要請する文書を提出しました。小金井からは 3 団体(はけ文、 都市計画道路を考える小金井市民の会、3・4・11 号線関係住民の会)が賛同。 各団体から参加した 18 名が、都庁ロビーで都知事秘書課の担当者に文書を渡し、 その主旨を説明しました。要請の内容は、新型コロナウイルス感染症の影響で今 後厳しい社会情勢が予想される中、不要不急の道路事業の中止を求めたものです。 

→要請文と賛同団体一覧は道路連絡会の HP をご覧ください。
https://t-road2018.jimdofree.com/現場から-1/



不要不急の道路事業は中止を、という要請は、東京都副知事 4 名連名で出された 5/5 付の依命通達(行政内部の命令文書)に明記されていることでもあります。
「新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえた当面の都政の運営について」と題され たその通達は、都民の命と経済活動を守ることを基本方針とし、そのための集中的・ 重点的な取り組みを推進させるため、優先順位に基づき業務を仕分けることを全職 員に緊急に求めるものです。
全文は都 HP に掲載→東京都新型コロナウイルス感染症対策本部会議資料 
https://www.bousai.metro.tokyo.lg.jp/taisaku/saigai/1007261/1007824.html?fbclid=IwAR3fQjYekfeHMVeVdVqKElXmChYjHkBVCiHU4qqo92k6HOKKD53h-4Iep4U







この中で「集中的・重点的な取組に注力するために休止する事業」として、「街路整 備」があげられ、都市計画道路事業の休止が明確に指示されています。この中には 事業認可されている路線も含まれるということを、共産党の曽根はじめ都議が都に 確認したとのことです。






避けられない都財政の悪化

   年間予算 7 兆円の“巨大企業”東京都を象徴する都庁舎

都は今年度の新型コロナ対策で、1 兆 400 億円の予算を計上し、急な歳出のための 貯金である財政調整基金を 95% 切り崩しました。今後厳しい財政状態が避けられ ない中、半額を国費からまかなう都市計画道路の整備を進めることに、都民だけで なく国民からも理解が得られるとは思えません。
これまで「広域的な道路ネットワークの形成」を掲げ、根本的な見直しを避けて都 市計画道路を推進し続けてた東京都は、コロナ禍にあってもこれまでと同じような 道路整備ありきの都市計画を進めるのでしょうか。今こそ立ち止まり、持続可能な まちづくりへ転換する機会とすべきです。
外出自粛で実感する、身近な自然の大切さ

   野川にかかる都市計画道路小金井 3・4・11 号線予定地。
   西側から東方向を撮影 2020.5.1

都が外出自粛を要請した 3 月 28 日以降、都市計画道路の予定地である都立武蔵野 公園内の野川周辺には、これまでにないほど多くの人が訪れています。散歩やジョ ギング、川遊びなど、「密」を気にすることなく自然の中でリフレッシュできる環境 は、都民にとって貴重な財産なのです。
今後も新型コロナの影響が続くなか、「緊急避難場所へのアクセス向上のため」「延 焼遮断帯になる」など後付けの理由で私たちの大切な税金を投入し、この貴重な自 然環境を壊すことは、コロナ禍にあってますます理解は得られなくなると、私たち は確信しています。
(報告・安田桂子)

2020年2月14日金曜日

新しいチラシを作成しました。

東京都が2月21、22、23日に小金井市の宮地楽器ホールにて都市計画道路3・4・11号線について説明するオープンハウスを開催するのを受けて、はけ文、小金井市都市計画道路を考える市民の会、3・4・11号線関係住民の会の3団体共同で新しいチラシを作成しました。
東京都が配布しているチラシのアンサー的なチラシになっています。ぜひじっくりお読みください。そしてオープンハウスに足を運ばれて、都市計画道路について市民の意見を東京都の職員へ一言でも二言でも伝えてください。アンケート用紙も置かれているので、そこに記入されるということも想いを伝える大変有効な手段です。
意見交換の場にもぜひご参加下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【オープンハウス】
〈開催日時〉
2/21(金)18:30〜21:00
2/22(土)10:00〜17:00 
2/23(日)10:00〜17:00
〈開催場所〉
小金井宮地楽器ホール 1階マルチパーパススペース
※JR武蔵小金井駅南口すぐ
〈意見交換の場〉
22日と23日、各2回ずつ計4回実施
①11:00〜12:00 ②14:00-15:00
会場:小金井宮地楽器ホール 1階マルチパーパススペースN







2020年1月21日火曜日

東京新聞ではけ特集が組まれました。

2020年1月7日の東京新聞の朝刊で小金井市の見どころとして「はけ」の特集が組まれました。はけ文もはけの自然環境に詳しいほたる村の江頭さんをご紹介したり、見どころをお伝えしたり取材に協力しました。
道路計画についても少しだけ触れられています。本当にこんな素敵な場所に都市計画道路が通るなんてありえませんね。


オープンハウス型説明会が開催されます!

東京都が、都市計画道路3・4・11号線に関するオープンハウス型の説明会の開催を発表しました。
↓↓↓東京都建設局北多摩南部建設事務所HP↓↓↓

https://www.kensetsu.metro.tokyo.lg.jp/jimusho/kitanan/setumeikaisiryou/koganei3-4-11.openhouse.html

会場にパネルや模型が展示され、職員が個別に質問に答えるというスタイルのものです。これまで行われてきた固定メンバーによる意見交換会は行わず、20人程度で1時間、計4回座談会のような会を行うとのことです。
〈開催日時〉
2/21(金)18:30〜21:00
2/22(土)10:00〜17:00 
2/23(日)10:00〜17:00
〈開催場所〉
小金井宮地楽器ホール 1階マルチパーパススペース
※JR武蔵小金井駅南口すぐ
〈意見交換会〉
22日と23日、各2回ずつ計4回実施
①11:00〜12:00 ②14:00-15:00
会場:小金井宮地楽器ホール 1階マルチパーパススペースN
道路の必要性について都の資料をご一読いただき、
ぜひ直接ご意見を届けてください。
道路計画を多くの人に知ってもらえる機会です。
ぜひ、お知り合いにもお知らせください。




2019年12月18日水曜日

長谷川裕さんの講座「武蔵野デモクラシー」報告

11月17日(日)10〜12時、小金井市公民館貫井北分館にて、はけ文企画、小金井市公民館主催、市民が作る自主講座「武蔵野を語るvol.1〜武蔵野デモクラシーみんなで武蔵野を語ろう!」が開催されました。
講師はTBSラジオプロデューサーの長谷川裕さん。小金井市在住で武蔵野、はけ、そしてはけを通る都市計画道路問題もずっと関心を寄せてくださっている方です。長谷川さんとの事前の打ち合わせで、長谷川さんだけが話すのではなく、武蔵野やはけに注目しているメディア関係者にも声をかけてはどうかということになり、『武蔵野樹林』副編集長の住谷はるさん、小金井市在住で地元ではフリーペーパー184のメンバーでもある編集者の刈屋琢さん、その他会場にはいろいろな方にきていただきご発言もいただきました。参加者も20歳代から90歳代まで幅広く、今までの講座とはまた一味違ったものになったと思います。ありがとうございました。


左から司会の安田、長谷川さん、刈屋さん、住谷さん。

当日参加してくれていた小金井市民・小山剛さんに感想をお寄せいただきましたので、ご紹介します。


はけ文のイベントは毎回参加させていただいています。今回は、地元在住のラジオプロデューサーの長谷川裕さんが今回のゲストということで、講師が一方的に語る講演会ではなく、はけ文の安田さんと二人のパーソナリティのいる公開ラジオ収録のような企画でした。
中央線の高架化と新しい商業施設のnonowa、雑誌での武蔵野特集、KADOKAWA本社の東所沢移転、一個一個の動きについては知っていても武蔵野ブームとして考えることはなかったので新鮮でした。今、武蔵野が注目される理由・価値とは何なのかというと、長谷川さんは「ほどほど」という言葉で表現されましたが、都会すぎず田舎過ぎないバランス、利便性を保ちつつも都市の喧騒から離れた地域環境でしょう。高度成長期に拡大してきた都市圏が再度、都心に収斂されていく中で、都心へのアクセスのよい場所としてだけではなく、地域そのものの価値が再評価され、武蔵野ブームにつながっているという話でした。




フロアーの発言も交えた対談は、渦中の2本の都市計画道路と野川や武蔵野公園のことに話が展開していきます。今の野川の景観も昔のまま放置されて残ったのではありません。護岸工事でコンクリート張りとなった野川を自然に近い形にするべく、奔走し行政に働きかけた市民がいました。当時のことを語った、御年94歳の小金井の生き字引が、強調したことは、市民の働きかけに理解を示す行政の担当者がいて、一緒に勉強会を開いてともに考えたということでした。高度経済成長以後、右肩上がりの人口増の中で消えていきかねない自然環境を守ってきたのは、市民の意思・選択であることを改めて学びました。
今回は、長谷川さんの手掛けるラジオ番組のリスナーも市外から多く駆けつけていました。市外から参加された方にとって、市民が声を挙げて動かしてきた歴史は大きな驚きであったようです。市民の手で街を作り上げてきた歴史とそのエネルギーの継承こそ「武蔵野のポテンシャル」になるのかな、と思いました。                           (小金井市在住・小山剛)


写真提供・宇野正樹
 さん


Vol.2は、12月22日(日)14〜16時「古地図に見る武蔵野」講師は芳賀ひらく先生です。
ぜひご参加ください!

2019年11月23日土曜日

【小金井市議会議員補欠選挙】都市計画道路についてのアンケート公開!!

はけの自然と文化をまもる会では、小金井市の市議会議員補欠選挙に合わせて予定候補者の方々にアンケートを実施しました。清水がく候補、水谷たかこ候補、(到着順)にアンケートをお願いし、回答いただくことができましたので11月22日に集計し、本日(23日)公開いたします。



2019年11月18日月曜日

【小金井市長選挙】都市計画道路についてのアンケート公開!!

はけの自然と文化をまもる会では、小金井市の市長選挙に合わせて予定候補者の方々にアンケートを実施しました。西岡真一郎候補、森戸洋子候補、河野律子候補(到着順)にアンケートをお願いし、回答いただくことができましたので11月17日に集計し、本日(18日)公開いたします。