2019年3月29日金曜日

「意見交換会の続行を」小金井都道計画めぐり参加者有志、要望書を都に提出

昨日、意見交換会参加者有志10名が要望書の提出に都庁に出向きました。意見交換会参加者で、ジャーナリスト斉藤円華さんから報告いただきました。

------------------------

東京都が小金井市内に計画している都道3・4・11号線をめぐり、都が主催する意見交換会の参加者有志が3月28日、会の継続を求める要望書を小池百合子都知事宛てに提出した。

提出した要望書



意見交換会は都建設局が住民から公募等で参加者を募り、2017年11月から実施。3回目となる今年2月の意見交換会で、都側は意見交換会の打ち切りとオープンハウス(出入り自由なパネル展示形式の住民説明会)への移行を表明していた。

「検討する」と都建設局幹部

要望書は意見交換会に参加した住民50人中35人が賛同。提出は山内れい子都議(東京・生活者ネットワーク、国分寺市・国立市選出)が仲介した。参加者有志代表の安田桂子さん(はけ文代表)が、都庁本庁舎(新宿区)で都建設局の細見明彦・道路建設部計画課長に手渡した。

要望書の中で、意見交換会を打ち切るとする都の姿勢に対して参加者有志は「『都が望んだ形での意見交換会とならなかったため』との理由は、あまりに一方的で到底納得できない」と主張。都道計画の事業化に向けては「誰もが納得できるプロセスを経る必要がある」として、住民との話し合いの継続を都側に求めている。

意見交換会をめぐっては小金井市の西岡真一郎市長が3月11日、継続の検討を小池都知事に要望。また27日には小金井市議会では、意見交換会の継続に向けて市長が迅速に対応するよう求める決議が全会一致で採択されたばかりだ。

要望書を受け取った細見氏は「より多くの住民の意見を聞きたい」として、オープンハウスを実施する意向自体は変えなかった。

その一方で、「都知事からは『丁寧に対応するように』と指示されている。意見交換会の経緯は報告を受けており、市長や市議会からの要望は認識している」とした上で「意見交換会(の継続要望)について考えなければいけない」と述べ、庁内で検討することを明言。何らかの回答を文書で示す旨を約束した。


都建設局・道路建設部計画課長(左)に要望書を手渡す安田桂子さん

地元都議は仲介せず

参加者有志は当初、要望書提出の仲介を小金井市選出の辻野栄作都議(都民ファーストの会)に打診したが、辻野氏はこれに応じなかった。その理由として辻野氏は、「『都道計画に反対している』と市民に誤解される。自分は中立な立場で、私が動いても計画が変わるわけではない」などと安田さんに話したという。

「都議という立場には、住民と都政をつなぐ役割を期待している。要望書を届けるにも、都議の動き方一つで都の対応もまるで変わる。辻野氏にそうした役割を期待できないとすれば、小金井市民にとって存在意義はありません」と安田さん。記者は28日、辻野氏に電話取材を申し入れたが、辻野氏は「文書での質問でなければ答えられない」と話した。

今回、住民の声が市長と市議会を動かし、意見交換会の打ち切りにこだわる都の姿勢をも軟化させた形だ。今後、もし都が「より多くの住民の意見を聞く」にしても、それが「計画決定ありき」を補強するものであってはならない。住民と都が建設的に議論できる場としての意見交換会の継続が必要だ。



斉藤円華(ジャーナリスト。市内在住、はけ文会員)

2019年3月1日金曜日

意見交換会は打ち切り!! 市長の対応を問う

2/28小金井市議会本会議で、都市計画道路問題に関する質疑が行われました。
以下に白井とおる議員と、坂井えつ子議員の質疑で判明したことを記します。

意見交換会の告知が遅れた理由は、嘘だった!!

2/8に行われた都主催の“意見交換会”。開催のお知らせが開催の約2週間前と遅かった理由について、都は意見交換会の場で「開催場所の手続きの都合」と弁明したが、昨年12/18に市に会場確保の要請があり、翌12/19には会場を確保、年明けの1/15に、都から市へ意見交換会実施の連絡があったことが、市の答弁で判明。都の弁明は事実ではないことが明らかになりました。

オープンハウスとはどんなものか?

都は「お互い(都と住民側)にメリットがない」として意見交換会は強制終了し、オープンハウスで住民の意見を聞く、としていますが、オープンハウスとはパネル展示や資料の配布などで、幅広く事業への理解を深めるために開催するもので、可否について意見を聞くためではありません。都によると議事録として残すか不明、意見についてフィードバックや見直し検討するかも不明。事業化を進めるためのものであることは明白です。


市長は、傍観するだけなのか

2/12に意見交換会の報告を受けた市長は、意見交換会は継続の必要性があると考え、部局に文書の作成を指示した。年度内には自ら小池都知事に渡しに行けるよう調整中、しかしまだアポは取れていないということが分かりました。これに対して白井・坂井両議員は、意見交換会の報告を受けて、すぐに電話で都に意見を伝えるべきだったのではないか、と市長の対応を疑問を投げかけました。

白井議員は、「年度内にというが、非常に遅い。都は環境現況調査※の予算を計上し、事業化へ向けて動いている。機を逸すると取り返しのつかないことになります。この2路線が優先整備路線に選定される前に、市長が都に出向いたのが2016年3月22日。時すでに遅しで、3月30日に優先整備路線として公表された経緯がある。本当に継続してほしいならすぐ電話するはず。市長は口だけだ。1日でも早い対応を求めます!」と厳しく指摘しました。



※環境現況調査とは
既存の文献・資料などを収集・整理し、実施想定区域とその周辺の自然的・社会的な環境について、地域特性に関する情報を把握するもの

2019年2月26日火曜日

小金井市議会で都市計画道路のことが質疑されます!!

東京都からは意見交換会を打ち切ってオープンハウスに切り替えると宣言され、市民との対話の場所もなくし、都は何がなんでも道路を作るという態度です。ここまで来てしまって、今、私たちの頼りは小金井市長の判断なのです!
小金井市議会は平成31年の第一回定例会が始まっております。市議会議員からの一般質問で白井亨議員と坂井えつ子議員から都市計画道路についての質問があるそうです。下記の日時と内容です。議会に直接行って傍聴することもできますし、ネットでも傍聴できますので、ぜひ直接市長の声を聞きましょう!
12月には小金井市長選挙もありますので、市長が現時点で都市計画道路をどう考えているのか、確認しておきたいと思います。

【白井亨議員】 2月28日(木)午前10時からの予定
<質問の2番目>
都市計画道路3・4・11号線について、市長は傍観するだけなのか。
・2月8日の意見交換会の様子を聴いて、市長は何を想う。
・就任以来、市長はこれまで都道の問題に対して何をしてきたのか。
・傍観せずに、都に「対話」を直接働きかけるのが市長の責務ではないのか。
質問意図
今年度の都市計画道路3・4・11号線の意見交換会が2月8日に開催されたが、都は今後意見交換会を開催せず、
環境状況調査に入るという。市は傍観していて良いのか。

【坂井えつ子議員】2月28日(木)午後14時からの予定
<質問の3番目>
都市計画道路3・4・11号線、市長の意思を問う



こちらからネット傍聴できます。

定例会一般質問の日時、発言通告書などはこちらから。



2019年2月17日日曜日

第3回「意見交換会」レポート

「もう意見交換会はやりません」!?
小金井都道問題、3回目の「意見交換会」も不成立に

斉藤円華(市内在住・ジャーナリスト)


東京都が小金井市内に建設を計画している都道3・4・11号線をめぐり、都建設局が主催する住民との「意見交換会」が2月8日(金)夜に市商工会館で開かれた。

おととし2017年11月、昨年1月に続き「3回目」となった今回。都は「(そもそもの計画の必要性について議論を求める)住民との立場は平行線。意見交換会では都が求める結果が得られなかった」として、一方的に同会の打ち切りを宣言した。過去2回に続いて今回も不成立に終わった形だ。都は今後、意見交換会ではなく「オープンハウス」形式の住民説明会を行っていくという。

■住民「この1年、何してたんですか」

「この道路は本当に必要なのか」「計画決定のプロセスが不透明だ」「地域が分断される」「はけと周辺の環境が壊されるのでは」「(計画決定した)都市整備局が出席しなければ話し合いにならない」。これまでの意見交換会、そして昨年3月に2回開かれた住民説明会では、多くの出席者が今回の都道計画に対して疑問の声を上げてきた。

中でも計画決定のプロセスをめぐっては、大きな問題点が指摘されている。計画承認に関する旧建設省内の文書(1962年)で、本来なら建設大臣以下の関係閣僚らの決裁印が必要なのに、「戦時特例」でそれらが押印されていないのだ。敗戦から17年も経った平時に、「戦時」の「特例」にもとづいて決裁されるというのは、常識的に考えれば十分おかしな話だろう。

住民側は当初からこの問題点を指摘。今回も「(正規の手続きに沿った)文書を示せ」と迫ったが、都は「当時の法令に基づき、適切に処理したものと認識している」(配布資料)と、歯に物がはさまったような回答をするのみ。不備のある手続きだとの自覚があるのか、「法にのっとった手続きで、全く問題ない」と言い切ることもしない。煮え切らない都の態度に住民からは「この1年、一体何をしてきたんですか」との声も上がった。

「そもそもこの道路は必要なのか」。3回目の
「意見交換会」も住民から厳しい質問が飛んだ。

 都がこのかん新たに行なったことといえば、昨年11月から12月にかけて実施した交通量調査がある。今回、都は「平成27(2015)年の交通センサスよりも詳しく調べた」と説明。しかし平日12時間で比べると、例えば連雀通りでは7273台(平成27年交通センサス)だった交通量が、今回の調査では同区間の両端の交差点でそれぞれ6665台、7240台となっている。

つまり過去3年で、交通量が目立って増えたとは言えないのだ。他の調査地点を見てもせいぜい横ばいで、見ようによってはむしろ減っている。また休日の交通量に関してはセンサスのデータがないため、過去と比較できない。

一方、細街路(さいがいろ、いわゆる「抜け道」などを含む細い路地)で通過車両のナンバープレートを記録して12時間の交通量を調べる調査では、「抜け道」利用の交通量が休日で67%に達する地点(連雀通りと〈二枚橋の坂の市道〉との交差点)もある、との結果が示された。

しかし、これも過去のデータがなく比較ができない。また、交通規制の方法によって「抜け道」利用がどう変化するのかも不明だ。そもそも、仮に抜け道利用を完全に防いでも3割強の車両通行は残るとも読め、ともあれ、このデータを都道計画実施の裏付けとするのは苦しい。

「道路の必要性を検討するために交通量調査をするのが本当では。『都道を作る』と結果を決めてから調査するのは順序が逆だ」との住民の発言がすべてを物語っている。

ちなみに今回、意見交換会の開催通知が届いたのが3週間前、市報に開催告知が載ったのはたった1週間前。交通量調査結果などの資料送付にいたっては直前ギリギリの2日前という不手際ぶりだ。調査結果をめぐって、都は住民からの質問や追及がよほど嫌だったのだろうか。それにもかかわらず傍聴席は立ち見も出る盛況ぶりで、この問題への住民の関心の高さを改めて印象付ける結果となった。

■都には都合のいい「オープンハウス」

「これまでの意見交換は、(事業を前提にするという)われわれが目的とする形では実施できなかった」「計画の見直しについての意見交換はできない」「優先整備路線なので、計画を棚上げにする議論はするつもりもない」(都建設局・事業化調整専門課長)

都としてはあくまで計画実施を前提に、その方法について住民と意見交換したかったが、それができなかった。小池都知事が言う「丁寧な対応」は計画の実施が前提であって、原点に返って必要性を検証することは含まれない、ということか。

都は「今後、オープンハウス型の説明会を開催する」と説明。一般にオープンハウスでは、出入り自由な会場に説明パネルなどを並べ、配置された職員が来場者に事業計画を個別に説明する形をとる。

その理由について配布資料で「より多くの方々と個別にお話ができ、様々な意見を伺うことができる」とするが、「意見交換」という文言は注意深く避けられている。行なうのはあくまで「説明」であって、意見交換や議論が目的でないのは明らかだ。

「オープンハウスで、都にとって都合の悪い情報は示されるのか」「都合の良い説明しかしないのではないか」との住民の意見に、「事業の必要性について丁寧に説明する」と都担当者。これには筆者も「じゃあ、都合の悪い情報は雑に扱う(または無視する)ってことか」と笑ってしまった。

住民からは、「オープンハウスと並行して意見交換会も続けてほしい」「意見交換の場で、都職員も交えて少人数でテーブルを囲み議論する『グループセッション』も取り入れては」との意見も挙がった。しかし都は「ご意見として伺う」と話すのみ。一方的に話し合いの打ち切りを宣言した都が、これらの意見を今後に反映させる可能性は低いと言わざるを得ない。

会場閉館後、話し合いの継続を求める住民が会場
の外で都担当者らを引き止めた。午後10時頃


■「錦の御旗」を得られず

さて、私は過去3回の「意見交換会」に住民の一人として参加したが、小金井市都道計画をめぐって都は住民合意の取り付けに失敗したことが、今回の「話し合いの打ち切り」ではっきりした。

行政が事業を進める上での「住民参加」の手法の一つとして、まず町会長など地域住民の代表者らを集めて意見交換会を行なう。ここでの合意を(形式的にであれ)取り付けた上で、次に住民説明会へと進む段取りだ。

こうすることで行政は「すでに地域住民代表の理解を得ています」という「錦の御旗」を掲げ、住民に事業の正当性をアピールできる。ところが今回、都は「意見交換会」で、この「錦の御旗」を得られなかったのである。

「地元町会長として申し上げる。市長にも伝えてほしいが、町会としてこの都道計画には賛成するわけにはいきません。地域コミュニティが真っ二つに分断される。また、児童通学路も分断する危険な道路だ。さらに災害時、いっとき避難場所の中学校へ避難するのに、わざわざ(都道計画で)新たにつくられる橋を通る必要がない。

原点に立ち返れば、この計画は違法だ。違法を都がやっていいわけがない。計画はいったん白紙にして、都市計画新法に基づいて改めて住民の意見を聞いたり、地元の意見を聞いたりして計画を作り直すべき。そうしなければ都民は都職員を信頼しなくなり、都政への信頼感もますます悪くなる」(参加者の住民)

ちなみに、意見交換会は自治体によっては一般住民には知らせずに行なうことがある。小金井都道問題でも当初「意見交換会」は傍聴や取材が不許可だった。それを1回目の当日、住民側が都側に強力に実現を申し入れて解禁させた結果、毎回多くの市民らが傍聴し、過去2回は議事録も公開されている。これは相当に珍しいケースではないだろうか。

計画の見直しや反対が圧倒的多数を占めた事業化決定前のパブコメ、そして今回の意見交換会。事業の必要性と正当性をめぐり、住民からこれだけのミソがついた都道計画である。オープンハウスの場でも、訪れた住民らから疑問や批判が噴出することだろう。それに対して都が一体どんな対応をするのかに注目だ



2019年1月24日木曜日

『小金井都市計画道路3・4・11号線』に関する意見交換会(第3回)


1/22(火)、東京都から下記の「出席依頼」と題した書類が届きました。昨年参加者を抽選で決めた“意見交換会”を2/8(金)に行うと記され、「ご出席の程よろしくお願いします」とあります。メンバー固定で年に2度程度行うとされている公的な会議の日程のお知らせが、開催のたった17日前に届くとは、どういうことでしょうか。社会通念上、遅くても1ヶ月前までの通知が常識ではないでしょうか?

また、この会議は一般の方30名が傍聴できますが、そのお知らせは1/15号の市報にも掲載されていません。2/1号では、お知らせがあまりにも直前すぎます。都はそれでいいと判断したということです。

A4サイズの東京都の立派な封筒には案内のペラ紙1枚のみで、話し合う上での資料も何も入っていません。お知らせが遅くなったお詫びもなく、あくまでも上から目線の東京都の姿勢が、この通知によく表れています。



※「『小金井都市計画道路3・4・11号線』に関する意見交換会」とは

2017年秋に都が、抽選で選んだ3・4・11号線沿線住民および小金井市民と、沿線の町会関係者、合わせて50名のメンバー限定で年に2回程度行うとしている会。2017年11月と2018年1月に2回行った。「道路の必要性について議論を」と訴える多数の住民と、道路整備を前提とした話合いを主張する都との間の溝は埋らないまま、実質的な“意見交換”は成り立っていない。

都建設局HP_第2回目の議事録等
http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/jimusho/kitanan/setumeikaisiryou/koganei3-4-11.ikenkoukankai2.html

都建設局HP_第1回目の議事録等
http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/jimusho/kitanan/setumeikaisiryou/koganei3-4-11ikenkoukankai.html

2019年1月5日土曜日

ムジナ坂東側に設置される柵についてのご報告

こちらも昨年の活動報告です。
2018年3月にムジナ坂東側の雑木林の倒木を伐採するため東京都から依頼で、はけ文が立会いをしました。
(その時の様子はこちら。http://hake-bun.blogspot.com/2018/03/blog-post_4.html )
野鳥観察家の鈴木浩克さんと一緒に立会いをしたのですが、その時に「この雑木林は東京都が購入した閉鎖管理地なので、公園としての管理になるまでの間は、不法投棄や侵入を防ぐために柵で囲います」と言われました。東京都の管理する閉鎖管理地は数も多く予算は少ないため、できるだけ人員を割かずに管理するために、高い柵で囲ってしまうのが通常の管理だとのこと。1.8メートルものフェンスで囲ってしまうという話に仰天しました。ここは小金井市の観光名所とも言える「ムジナ坂」に面している雑木林です。なんとかしなければと思いました。
そしてはけ文も参加する小金井市環境市民会議の議題に上げてもらい、小金井市環境市民会議として東京都に要望書を出そうということに決まりました。
11月8日(木)井の頭公園近くにある東京都建設局西部公園緑地事務所に、要望書の提出と面談を申し込み、環境市民会議代表の小山美香さんとはけ文の安田、横須賀の3名で行ってきました。




東京都西部公園緑地事務所、管理課(維持担当)の内山香課長代理、管財担当の青木喜伸氏らが面談に応じてくださいました。
3月にも説明いただいた通り、できるだけ人員を割かずに管理しなければならないこと、ゴミの不法投棄が一番の問題、人が入り込んで問題が起こるのも困るなどの説明がありました。でもムジナ坂が景観的にも文化的にも重要な坂であることも理解してくださり、はけ文が清掃活動をしたりしていることもブログなどを読んで知っていますとのことでした。
不法投棄されやすいのは車で乗り付けて簡単に投げやすい場所なので、坂の上の道路に面した民間の駐車場の裏側は東西に高さ1.8メートルのフェンスをつけさせてほしいとのことでした。でもムジナ坂に面した所は、「景観に配慮して、低い木の杭を立ててロープを渡すような柵で<ここは東京都の管理地なので入らないでくださいね>ということを知らせる程度の柵をつけたいと思いますがいかがですか?」とご提案いただきました。
3月に聞いた時には「高い柵は必須」のようなお話でしたので、ちょっと拍子抜けしましたが、要望書を出したことで、東京都が理解を示してくださり、高い柵は回避できることになりそうです。低いロープ柵も階段から少し遠ざけてつけてほしいとお願いしました。
市民がムジナ坂を大切に思っていることが伝わった結果、東京都側の担当の方々も理解してくださったのだと感じました。今後もムジナ坂やはけの道を大切にして行かなければと改めて思います。


管財担当の青木さんに要望書を手渡す小山さん。







みなさんによいご報告ができてよかったと思います。
小金井市環境市民会議にも動いていただき、感謝です。ありがとうございました。

あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年末の活動報告から。
12月9日(日)ムジナ坂の清掃活動を行いました。
やはり落ち葉の季節ということで、大量の落ち葉が階段を覆っていました。でもふかふかでお掃除もしやすかったです。
ムジナ坂だけでなく、今は使われていない富永邸の正門前もお掃除しました。

今後も定期的に続けたいと思います。

落ち葉がある風景も良いのですが。

ムジナ坂上の道も。

1時間ほどでピカピカに。
富永家の門前も。


最後に記念写真。
参加のみなさん、ありがとうございました!
通りがかる近所の方と挨拶したり、参加者同士おしゃべりしながら楽しいひとときでもあります。
みなさん、お疲れ様でした。